平成19年推奨銘柄の収支

今年は厳選して銘柄を推奨してきましたので数は減りましたが、着実に結果が出ていると思います。
中には、下方修正した日本駐車場開発などの銘柄もありますが、中々好調だったと思います。
期末の権利関係の時期を見過ごして4月以降に推奨を再開したいと思います。

    銘柄購入価格単元3/23 終値収支
1/046965.t3,5801003,62040,000
1/052352.t12,96018,380-4,580
1/095713.t1,4491,0002,315866,000
1/103407.t7881,00086476,000
1/115714.t9761,0001,254278,000
1/158174.t1,0421001,21417,200
1/168058.t2,1501002,80065,000
1/181605.t928,0001948,00020,000
1/222871.t6551,00069843,000
1/236135.t1,4561,0001,466-20,000
2/136963.o10,94010011,14020,000
3/014665.t2,1501002,100-5,000
3/096702.t7771,00079215,000
1,410,620

東京株が続伸、1万7164円04銭で大引け


東京株が続伸、1万7164円04銭で大引け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000411-yom-bus_all

9日の東京株式市場では、日経平均株価(225種)は続伸。前日終値比73円73銭高の1万7164円04銭で大引けた。

一方、東証株価指数(TOPIX)も9・35ポイント高い、1730・31と続伸。東証第1部の出来高は約31億9000万株だった。

(Yahooニュースより引用)

株価指数先物・オプション3月物のメジャーSQ(特別清算指数)算出を無事通過しての続伸。上値が重いのは気にかかりますが、まぁ一つ山を越えたといってもいいでしょう。

後は週末が何事もなく無難に過ぎてくれる事を願うばかりです。

ダイエー、OMCカード株30%売却=クレディセゾンが名乗り

ダイエー、OMCカード株30%売却=クレディセゾンが名乗り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000210-jij-bus_all

丸紅傘下で再建中のダイエーは8日、子会社のオーエムシー(OMC)カードの保有株式約52%のうち30%を売却する方針を固めた。これに対し、みずほフィナンシャルグループと親密なクレディセゾンが取得に向けて入札手続きに入っていることが判明。また、三井住友カード、UFJニコスも関心を寄せており、3大メガバンク系のカード会社を中心に争奪戦が繰り広げられそうだ。

(Yahooニュースより引用)


今や、日本経済の「負の遺産」の代表格にもなってしまった「ダイエー」ですが、ここにきて又、子会社の切り売りの動きです。

単体事業を一つ一つとってみるとそんなに深刻では無い企業もあるのですが・・・。
いずれにしてもまだまだ金融再編に向けた第一歩に過ぎないということでしょうか?
市場にはポジティブなイメージで捉えてほしいものです。

明日の推奨銘柄 03月09日(金)

疑心暗鬼の「上海ショック」からはようやく立ち直れた感がありますが油断は禁物です。

明日はSQがありますので是非とも寄り付きで購入したい銘柄を購入しましょう。思わぬ安値で手に入るかもしれません。

くれぐれも自己責任において少欲で望みましょう。


☆ 03月09日(金) 本日の購入銘柄 ☆


富士通(株) (東証1部:6702)


 前日終値 : ¥  776
 目標価格 : ¥  900
 損切価格 : ¥  745


 「国策に売り無し」配当も魅力です。


忙しくっても大丈夫! 頑張ってます! 是非応援の程お願い致します!!

にほんブログ村 株ブログへ

イオン・ダイエーが提携で最終合意

イオン・ダイエーが提携で最終合意=関係筋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000196-reu-bus_all


[東京 8日 ロイター] イオン<8267.T>とダイエー<8263.T>が、資本・業務提携で最終合意した。9日にも両社で取締役会を開いて決定し、発表する見通し。関係筋が8日、ロイターに明らかにした。
 イオンは、ダイエーの筆頭株主の丸紅<8002.T>からダイエー株を約15%(議決権ベース)、ダイエーからマルエツ<8178.T>株の約20%を取得することで交渉していた。イオンは、ダイエーとマルエツの第2位株主になる見込み。
 イオン、ダイエー、丸紅の3社は、共同記者会見を開くことで調整している。

(Yahooニュースより引用)

結局、8日付日経新聞朝刊の記事によるロイター報ですが一体どこに落ち着くのでしょうか?
ダイエー再建、救済は市場の大きなテーマでもありますので成功すると又一つ日本経済の重し外れた格好になります。

株式市場は明日のSQを控えて少し物静かな様子です。個人的には少し上げ基調なのかな・・?とも思えますが、世界状況も踏まえて冷静に判断したほうがよさそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。